Search

Tag Search

11 Entries
  • book
  • いねむり読書のススメ

    深海のYrr(イール)

    ドイツの作家フランク・シェッツィングによる長編小説。深海は宇宙よりも解明が遅れている世界であることは良く言われていることですが、その「海」を舞台に繰りひろげられるSFサスペンスです。...

  • いねむり読書のススメ

    探偵ガリレオ / 予知夢

    福山雅治主演でドラマ化されてなにかと話題の「ガリレオ」。以前シリーズ物と知らず「予知夢」だけ読んでしまったのですが、「探偵ガリレオ」も購入して読み返しています。...

  • いねむり読書のススメ

    犯人に告ぐ

    雫井脩介著「犯人に告ぐ」。すこし前に話題になったのですが、最近文庫本で出版されたので購入。なかなか骨太なエンターテイメント小説でした。...

  • いねむり読書のススメ

    ロング・グッドバイ

    書店にて装丁に惹かれ手にとってみると、レイモンド・チャンドラーの「ロング・グッドバイ」。しかもそれが村上春樹さんの手による翻訳であることに気づき、興奮を覚えた。...

  • いねむり読書のススメ

    最新・世界地図の読み方

    原研哉氏の「デザインのデザイン」に、世界地図を90度回転させユーラシア大陸を「パチンコ台」に見立て、グラフィック・デザイナーとしての氏が日本がデザインの世界で果たした役割を考察する一節があります。 このパチンコ台の考察は、著書の中でも触れられているのですが、もともとは高野孟氏が「最新・世界地図の読み方」で述べた別の考察に感化されたものです。なんとなく気になってしまったので読んでみたのですが、いやいや面白い。...

  • いねむり読書のススメ

    Codex Seraphinianus

    架空の人工言語で書かれた百科事典「コーデックス・セラフィニアヌス(Codex Seraphinianus)」。GIGAZINEで知ったのですが、ひじょうに魅力的な書物です。...

  • いねむり読書のススメ

    夢を力に - 私の履歴書

    本田宗一郎「夢を力に --私の履歴書」。 本書は、本田技研工業株式会社創業者、本田宗一郎氏により日本経済新聞に連載された「私の履歴書」に加え、社内報への寄稿や本田語録・女房役であった藤澤武夫にまつわるエピソードを、三部構成に編纂したものです。...

  • いねむり読書のススメ

    自分の中に毒を持て

    「自分の中に毒を持て−あなたは"常識人間"を捨てられるか」岡本太郎著。 少し前に人に薦められて数回読んでみたのですが、んー、面白い。 物事、まず何かと「出来ない理由」を考えて始める前からあきらめてしまう。そんな自分に畳み掛けるように突きつけられる、鋭い指摘。それによって一瞬苦痛にも似た恥ずかしさがこみ上げてくるが、それは人間に対する温かみを持っているからこその、厳しくも、彼らしいエールの数々だ。...

  • おいしいくらし

    職業というのは

    「職業というのは本来は愛の行為であるべきなんだ。便宜的な結婚みたいなものじゃなくて」 東京奇譚集「日々移動する腎臓のかたちをした石」の一節で、村上春樹はそう比喩をした。...

  • 生まれてこのかた占いに興味を持ったことはありませんし、ましてや占いで行動を決めたことなどただの一度だって無い僕ですが。最近飲みの席で久々に会った友人から興味深い話を聞かされたのに影響されて、ちょっと気になってる。他の占いは知りませんが、動物占いはあまりバカにできないらしい。...

  • いねむり読書のススメ

    ノルウェイの森

    村上春樹の代表作。刊行当時バカ売れしたらしいのですが、つい最近読みました。なぜそんな話題になったことを知らなかったんだと考えてみたら、なるほど当時父親の仕事の関係で生活していたシンガポールから、日本へ帰ってきたばかり。しかも小学校3年生のガキンチョでは興味も持てなかったわけです。...