Search

Tag Search

25 Entries
  • movie
  • 気まま視聴覚室

    チェンジリング

    クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー主演による「チェンジリング」。この作品は必ず観ようと決めていたわけではなかったのですが、良く利用する映画館がその日どの映画でも終日1,000円で鑑賞できるキャンペーンを行っていたこと、天気が悪い週末の最も “らしい” すごし方として映画が最適であったこと、他の話題作はほとんど観てしまっていたためこの作品以外めぼしいものがなかったこと、以上の3つの偶然から観ることになった。この偶然の重なりがなければ、後日劇場で観なかったことを心底後悔していただろう良作。...

  • 気まま視聴覚室

    WALL•E / ウォーリー

    2008年最後に観た映画がこの映画で、本当に良い観納めができました。“WALL•E(ウォーリー)” は自分の中で “レミーのおいしいレストラン” を超えるPIXAR最高傑作。まだ観ていない方は公開中に絶対に映画館で!...

  • クリストファー・ノーラン監督×クリスチャン・ベール主演によるバットマン新シリーズの第2弾、「ダークナイト(The Dark Knight)」。新百合ヶ丘 ワーナー・マイカル・シネマズでやっていた先行上映のレイトショーに行ってきました。...

  • 気まま視聴覚室

    Cloverfield

    新百合ヶ丘のワーナー・マイカル・シネマズでクローバーフィールドを観てきました。バカみたいな感想ですが、超面白かったです。期待はしていたけど期待通りだったので嬉しい。...

  • 気まま視聴覚室

    サイコ

    全てのサスペンス映画のルーツとまで目されているアルフレッド・ヒッチコックの「サイコ」。言わずと知れた傑作...のはずなのですが、最近初めて観ました。こりゃすげぇわ。...

  • 昨日はFM'Pほそさんとmozfactoryもつさんとともに新宿ホテルセンチュリーのカフェラウンジにてお客さんと打ち合わせ。そのあと上映後に終電が無いなんて考えない計画性の無さはなんのその、クエンティン・タランティーノ監督×ロバート・ロドリゲス監督による「グラインドハウス」(USA版)を観に行ってきました。チョーオモロカッタ。...

  • 気まま視聴覚室

    プレステージ

    ども、いろいろとバタバタしていまして微妙に更新さぼってます。ちょっと息抜きで観てきました「プレステージ」。プロモーションにMr.マリックやらプリンセス・テンコー、Gacktまで引っ張り出されて公開前にかなりB級オーラを放っていた作品でしたが(一時はタイトルが「イリュージョンVS」になりそうだったとか)、蓋を開けてみれば結構オモシロカッタ。...

  • 気まま視聴覚室

    バベル

    アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督作品「バベル」。菊池凜子のオスカーノミネートでなにかと話題となっておりますが、「マグノリア」にしろ「クラッシュ」にしろこの手の群像劇ものはけっこう好きで、観に行ってまいりました。以下雑感ですが多少ネタバレ気味かも。...

  • 気まま視聴覚室

    ハンニバル・ライジング

    アンソニー・ホプキンスの演じるハンニバル・レクターがキャラクターとして好きで、公開をちょっと楽しみにしていた「ハンニバル・ライジング」。初日の本日見に行ってきました。日劇PLEXほか全国ロードショー。...

  • 気まま視聴覚室

    オール・ザ・キングスメン

    実在の政治家ヒューイ・ロングをモデルとし、ピューリッツア賞を受賞したロバート・ペン・ウォーレンの小説「すべて王の民」。1949年ロバート・ロッセン監督×ブロドリック・クロフォード主演で制作された同名映画が、スティーヴン・ゼイリアン監督×ショーン・ペン主演でリメイクされました。オール・ザ・キングスメン。...

  • 気まま視聴覚室

    ブラッド・ダイヤモンド

    ディパーテッドにおいてはイマイチかな、と思ったレオナルド・ディカプリオでしたが、オスカーにノミネートされただけあり、なるほどなかなか良いです「ブラッド・ダイヤモンド」。4月7日サロンパス ルーブル丸の内他全国ロードショー。...

  • 気まま視聴覚室

    クラッシュ

    2005年のアカデミー賞で作品賞に輝いた「クラッシュ」。まだ観てなかったんよね、これ。同年作品賞に有力視されていたブロークバック・マウンテンからオスカーを奪ったものの、保守的なアカデミー賞による政治的配慮の結果。。なんて見方もあったようなのですが、とんでもないですな。おもしろい。...

  • パフューム −ある人殺しの物語。パトリック・ジュースキント作の同名小説の映画化です。スティーブン・スピルバーグとマーティン・スコセッシも映画化に名乗りを挙げしのぎを削った中、それを射止めたのはトム・ティクヴァ。小説の方も監督の方も知らなかったのですが、サイトのイントロダクションを読んで観たくなった。...

  • 気まま視聴覚室

    LUCKY NUMBER SLEVIN

    ポール・マクギガン監督のLUCKY NUMBER SLEVIN観てまいりました。ジョシュ・ハートネット主演、脇を固めるのはルーシー・リュー、ブルース・ウィリス、モーガン・フリーマン、サー・ベン・キングズレーとなかなか豪華。...

  • 気まま視聴覚室

    ディパーテッド

    レオナルド・ディカプリオ×マッド・デイモン×ジャック・ニコルソン競演、監督に最近ディカプリオとの仕事が多いマーティン・スコセッシを迎え、さらに制作にブラッド・ピット。よくもまあこれだけハリウッドな巡り合わせがあったものだ。...

  • 気まま視聴覚室

    マイアミ・バイス

    マイケル・マン監督が過去にTVシリーズの制作総指揮を務め、今回初めてメガホンを取った映画版「マイアミ・バイス」。と言ってもTVシリーズは観たことないし予備知識もゼロなので、新作を観るのと変わりありません。...

  • 気まま視聴覚室

    ゲド戦記

    レイトショーで観てきました、「ゲド戦記」。最近けっこう映画館に足が向き気味です。...

  • 気まま視聴覚室

    大いなる休暇

    関東地方の梅雨明けも発表された、暑い夏の昼下がり。「ライフ・イズ・ミラクル」を観ようと出かけたところ、時間設定ミスって遅刻...。蒸し暑さにうなだれていると、ふと隣の上映作品の看板が目に入る。 「大いなる休暇」 予告編で見たこともないし、雑誌やウェブサイトでもまったくノーチェック。3連休の最後に映画ではずすのも嫌だとは思いつつ、タイトルになんとなく惹かれたし呼び込みのおじいちゃんの話を聞いてたら興味がわいたので、そのまま観ることにした。...

  • はじめて完全版を観ました。前に観た... と言ってもそれはもう何年も前のことで、その時はむせび泣くみたいな揺り動かされ方をされたものです。大事というか、自分にとってかなり大切な作品になったので、何回も観てしまうとその時感じた想いが薄れてしまうんでないか、感じられなくなってしまうんでないかという恐怖があって、逆にしばらく意識的に観なかった感じですね。 が、ここにきて特にきっかけなんてものは無かったのですが急にまた観たくなった。...

  • 気まま視聴覚室

    DEEP BLUE

    最も深い海を旅した者は、宇宙を旅した者よりも少ない。けして癒しなどではない。しかし、驚嘆すべき美しさがそこにある。...

  • 今年はステキな映画が多い。いつにもましてそんな気にさせてくれたのは、ウディ・アレン 監督・脚本・主演 の「さよなら、さよならハリウッド」。公開初日の今日、さっそく観に行ったぞ。...