Search

Tag Search

8 Entries
  • music
  • 気まま視聴覚室

    Long Goodbye, Michael Jackson.

    2009年6月25日 午後2時26分 ロサンゼルス、マイケル・ジャクソン — 逝去。あれからもう2ヵ月半以上が経ちましたが自分の中で彼の死は未だに現実感を伴わない、どこか別の世界での出来事のように思えてなりません。これまでにも様々な著名人の訃報に直面してきましたが、正直これほどまでに後を引きずるようなショックを受けた例はありませんでした。残念で、そしてマイケル・ジャクソンがもういないなんて寂しくてたまらない。...

  • ネットをめぐる冒険

    Woman - Iwamura Manabu × FICC

    Webデザインから生まれたCD。もうWeb業界では随所で話題に上ってますがWeb制作会社であるFICCさんが、アーティスト岩村学さんの音楽CDアルバムをリリースするというとても新しい試みをされています。...

  • Intel Macユーザーのみなさんに長らくお待たせ。ようやくiTunes 7に対応、ネイティブ化を果たしたVolume Logic for Mac iTunes 7のパブリック・ベータがリリースされています。こりゃ嬉しい。...

  • 以前このブログでもご紹介した、iTunesの音質を劇的に向上させるプラグイン「Volume Logic」ですが、iTunesの最新バージョンであるiTunes 7で動作しないという致命的バグが発生しています。開発元・販売元とも「動作しませんのでバージョンアップしないでくれ」と告知を出しています。せっかく購入したシェアウェアだというのに、何とも哀しい。 ...が、偶然ではありますが動作させる方法を発見いたしました。少なくとも僕の環境では100%の確率で動作しています。...

  • 気まま視聴覚室

    This Is Love

    CUP NOODLEが大友克洋さんと宇多田ヒカルさんを迎え展開する「FREEDOM-PROJECT.JP」。宇多田ヒカルさんのアルバムの発売が近いこともあり、iTunesや着うたフルなど各メディアでテーマソングの「This Is Love」が解禁となっています。...

  • Addicted to Mac

    Volume Logic iTunes Plug-in

    iTunesでシャッフル再生をすると、異なるアルバムの再生に移ったとき、異様な音量差を感じることがあります。特に古いCDと最近のCDを比べると、その差は顕著です。快適な音量だと思って聴いていたのに、次に再生された曲の音量が大きすぎて、不快ささえ感じた経験はないでしょうか。 この音量差は、当時と現代のマスタリング技術の違いからくるものです。録音・マスタリング・プリント等、CD制作に関わる技術は、CD発明時と同じではありません。見た目に分からない部分ではありますが、日々進化を遂げ洗練されてきているのです。同じソースのマスタリングであっても、最新の技術を使った方がより迫力・臨場感のある音を効くことが出来ます。 さて、今日はちょっと前置きが長くなりました。僕はけしてオーディオマニアでもないし、そのへんの技術に精通した人間でもありません。それでも自信を持ってオススメできる素敵なソフトウェア。 古いCDの音にも迫力と臨場感を与えてくれるプラグイン、Volume Logic iTunes Plug-in。MacとWindowsに。...

  • ネットをめぐる冒険

    Mercedes-Benz Mixed Tape 07

    Mercedes-Benz の格調高い走りに華をそえる、香り立つコンピレーション・ミックス「Mixed Tape」。気づけば第7弾がリリースされている。...